【絶対にハズさない】iPhone対応ワイヤレス充電器おすすめ5選【Anker】

役立つモノ
この記事はこんな人に向けて書いています
  • iPhoneで使えるおすすめのワイヤレス充電器を知りたい人
  • ワイヤレス充電器を選ぶ時のポイントを知りたい人
  • ワイヤレス充電器のメリット・デメリットが知りたい人
いっちー
いっちー

iPhone歴10年のボクが、買って損しないベストなワイヤレス充電器を紹介します!

Sponsored Link

ワイヤレス充電対応のiPhone一覧

2021年現在販売中のiPhoneでワイヤレス充電に対応している機種は以下の通りです。

iPhone 8以降の機種であれば漏れなく対応しています。

  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
Sponsored Link

iPhone用のワイヤレス充電器を選ぶ時のポイント

用途に合った種類・大きさを選ぶ

ワイヤレス充電器には大きく分けて以下の2種類があります。

✔パッド型

iPhoneを寝かせて置くタイプです。

薄くて目立たない形状なので、家の中でも目立ちにくく、インテリアの邪魔をしません。

机の上など設置する場所をごちゃごちゃさせたくない人にはおすすめです。

また、かさばらず、持ち運びにも適しています。

✔スタンド型

iPhoneを立てて置けるタイプです。

動画を見ながら充電出来ますし、パッド型に比べて操作もしやすいです。

持ち運びにには不向きな形状です。

また、2台以上同時に出来る大きさの物や、iPhone以外のデバイス(AirPodsなど)を置くスペースを兼ね揃えたものなど多種多様なものがあります。

自分の用途にあったワイヤレス充電器を選ぶことが重要です。

使っているiPhoneに対応したワット数のものを選ぶ

ワイヤレス充電器の出力ワット数は使っているiPhoneの受電可能なワット数と合うものを選びましょう。

例えばiPhone 8の受電可能ワット数は7.5Wですが、それを超える15W出力のワイヤレス充電器を選んでも、宝の持ち腐れという訳です。

いっちー
いっちー

iPhoneごとの対応ワット数は以下の通りです

  • iPhone 8シリーズ〜iPhone11シリーズ→7.5W
  • iPhone 12シリーズ→15W
Sponsored Link

ワイヤレス充電のメリット

置くだけの充電がとても快適

置くだけで充電が始まるので、毎回ケーブルを抜き差しする手間が無くなります。

そのくらい別に手間じゃないと思う人もいるかもしれません。

だけど体験してみると分かるはずです、その快適さが。

いっちー
いっちー

一度ワイヤレス充電を試すと、もう普通の充電には戻れません

ケーブル断線の可能性が低い

USB接続で充電をしていると必ずぶち当たる問題がケーブルの根本の断線です。

ケーブルの根本部分が断線して使えなくなる経験、みなさん1回は経験あるんじゃないでしょうか。

ワイヤレス充電器にすれば、ケーブルに触れる機会が少なくなるので、その心配が格段に減少します。

1台で複数のデバイスを充電できる

1台で複数のiPhoneを充電できたり、AirPodsやApple Watchなどのデバイスを同時充電できるワイヤレス充電器もあります。

自分の環境にあった充電器を購入すれば、より快適な充電環境を構築できるでしょう。

ワイヤレス充電のデメリット

ケースをつけたままだと充電できないものもある

ワイヤレス充電は、パッド面にスマホを密着して充電を行います。

その為、厚手のケースやスマホリングをつけた状態では充電が出来ない可能性があります。

装着したままでワイヤレス充電に対応しているケースもたくさんあるので、よく調べてから購入するようにしてください。

✔ワイヤレス充電にも対応したおすすめケース

正しく置かないと充電出来てない事がある

ワイヤレス充電器側の送電コイルとiPhone側の受電コイルが離れすぎていると充電が開始されません。

パッド上にiPhoneを置いた時に充電がきちんと開始されたか確認するクセをつけましょう。

いっちー
いっちー

充電してたつもりが充電されてないという経験がボクも何度かありました…

充電しながら操作がしづらい

充電しながらゲームを遊んだり、調べ物をしたりする人も多いと思います。

ワイヤレス充電器はスマホをパッドの上に置いて充電する為、充電しながらの操作は難しくなります。

スタンド型であれば動画視聴や簡単な操作なら出来ますが、ゲームなど画面を激しくタップするような操作は出来ないでしょう。

いっちー
いっちー

スマホを強制的に触らない時間帯を作れるので、ボクは必ずしも悪いこととは思っていません

【種類別】iPhoneにおすすめのワイヤレス充電器【Anker】

いっちー
いっちー

それでは種類別におすすめのワイヤレス充電器を紹介していきます

おすすめのパッド型❶:Anker PowerWave 10 Pad

✔Anker PowerWave 10 Padのおすすめポイント

  • 直径10cm、厚さ約1mm
  • 表面はゴム製で滑りにくい
  • 薄型のケースなら着けたまま充電可能
  • 7.5W出力→iPhone 12を3時間以下でフル充電可能
いっちー
いっちー

ボクもこれを使っています!

おすすめのパッド型❷:Anker PowerWave 10 Dual Pad

出典:https://www.ankerjapan.com

✔Anker PowerWave 10 Dual Padのおすすめポイント

  • 幅 約20cm、奥行き 約9cm
  • 充電パッドが2つ→iPhoneや他デバイスを合計2基まで同時充電可能
  • 薄型のケースなら着けたまま充電可能
  • 最大10W出力→iPhone12を3時間以下でフル充電可能(iPhoneは最大7.5Wまで対応)

おすすめのスタンド型:Anker PowerWave 10 Stand

出典:https://www.ankerjapan.com

✔Anker PowerWave 10 Standのおすすめポイント

  • 幅6.8cm、奥行8cm、高さ11.4cm
  • スタンド型なので充電しながらの動画視聴など可視性が高い
  • 薄型のケースなら着けたまま充電可能
  • 7.5W出力→iPhone 12を3時間以下でフル充電可能

おすすめのMagSafe型:Anker PowerWave Magnetic Pad

出典:https://www.ankerjapan.com

✔Anker PowerWave Magnetic Padのおすすめポイント

  • 直径6.2cm、厚さ7.5mm
  • MagSafe対応でiPhoneの背面にピタッとくっついて充電→iPhoneを操作しながらの充電もしやすい
  • Apple純正のMagSfe充電器より2,000円程度安い
  • 薄型のケースなら着けたまま充電可能
  • 7.5W出力→iPhone 12を3時間以下でフル充電可能

※MagSafe接続はiPhone12シリーズのみ対応

おすすめのモバイルバッテリー型:Anker PowerCore Magnetic 5000 

✔Anker PowerCore Magnetic 5000 のおすすめポイント

  • 9.3cm×6.2cm、厚さ1.6cm
  • モバイルバッテリーなので持ち運びがしやすい
  • MagSafe対応なのでiPhone 12であれば本体にくっつけて充電可能
  • iPhone12以外でもワイヤレス充電器対応のiPhoneであれば使用可能
  • 薄型のケースなら着けたまま充電可能
  • 5W出力→iPhone 12を3時間強で充電可能

まとめ:ワイヤレス充電器は一度使うと戻れない快適さです

今回はiPhoneに対応したおすすめのワイヤレス充電器を5つ紹介しました。

ワイヤレス充電器は断線もしづらく、置くだけ充電でめちゃくちゃ快適です。

スタンド型やパッド型など、いろんな種類の充電器があるので自分にあったタイプを見つけて、快適な充電環境を手に入れましょう!

コメント