【eSIM】iPhoneでのソフトバンクからLINEMO(ラインモ)への乗り換え手順

役立つコト
この記事はこんな人におすすめです
  • iPhoneでソフトバンクからLINEMO(ラインモ)への乗り換えを検討している人
  • eSIMでの手続きを検討している人
  • ソフトバンクからLINEMOに変更した時のメリット・デメリットが知りたい人
いっちー
いっちー

10年以上利用してきたソフトバンクからLINEMOに乗り換えました。

今回は実際にLINEMOに乗り換え手続きをした時の流れを画像付きで分かりやすく解説してみようと思います!

Sponsored Link
  1. ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に変えるメリット
    1. 20GBのデータ通信が利用できて2,728円(税込)
    2. LINEはデータ通信ノーカウント
    3. 5G通信も利用OK
    4. テザリング無料
    5. ソフトバンクで分割支払中の機種代金が残ってる人も安心
  2. ソフトバクからLINEMO(ラインモ)に乗り換えるデメリット
    1. キャリアメールが利用できなくなる
    2. Yahoo!プレミアム会員の特典が使えなくなる
    3. サポートがオンラインのみ
  3. 【事前に確認】eSIMで申し込む場合の注意点
    1. eSIM対応機種一覧
    2. Wi-Fi環境が必須
    3. のりかえ予定のスマホ以外のデバイスがあると便利
    4. 少しでも不安を感じたら物理SIMでのりかえの方が良い
  4. 【eSIMで申し込み】ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換える手順
    1. 端末のSIMロックを解除する
    2. LINEMO公式ページへアクセス
    3. 手続き方法を選ぶ(新規の契約orのりかえ)
    4. 利用中のキャリアを選ぶ
    5. 利用するSIMを選ぶ
    6. My SoftBankで個人情報の確認をする
    7. LINEMOのプランを選ぶ
    8. 契約者情報の入力
    9. 支払い方法の入力
    10. 入力した情報などの最終確認
    11. 「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届く
    12. 画面の案内に従いeSIMプロファイルをダウンロードする
    13. ソフトバンクのAPNを削除する
    14. LINEMOのAPN構成プロファイルをダウンロードする
  5. まとめ:ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)への乗り換えはeSIMがおすすめ

ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に変えるメリット

まずはソフトバンクからLINEMOに変えた時のメリットで、特に大きい点をまとめました。

20GBのデータ通信が利用できて2,728円(税込)

ソフトバクからLINEMOに変更する最大のメリットですね。

20GBのデータ通信が利用でき2,728円という金額は本当に嬉しいです。

データ通信量が20GBという事については、今まで「メリハリ無制限」などの大容量通信プランを利用していた人は心許なく感じるかもしれません。

ですが今は外出先でもWi-Fiスポットは増えているし、自宅ではほとんどの人がWi-Fiを利用していると思います。

20GBの制限があっても、少し意識して利用すれば、ほとんどの人にとっては難なく1ヶ月過ごせます。

仮に20GBを使い切ってしまったとしても、最大1Mbpsで通信可能です。

どうしても必要な場合は1GBを550円で追加することも可能です。

1Mbpsの通信で出来ること
  • メールなどのテキスト送信
  • ネットの閲覧やSNS
  • 地図アプリ
  • 低画質の動画再生

LINEはデータ通信ノーカウント

LINEに関しては20GBの通信制限対象外となります。

テキストのメッセージだけでなく、音声通話、ビデオ通話もすべてノーカウントです。

これはahamoやpovoといった他の同一価格帯ブランドには無い特典です。

LINEのヘビーユーザーには非常におすすめです。

5G通信も利用OK

5G対応の端末であれば、基本料金の2,728円(税込)に追加料金無しで5G通信を行うことが可能です。

今はまだ対応エリアは少ないですが、今後増えてくるにあたり嬉しいポイントです。

テザリング無料

テザリング機能も無料で使うことができます。

ソフトバンクだとプランによっては月額550円の有料サービスなので、無料で利用できるのは助かります。

とは言え、ガンガン使ってしまうと、20GBのデータ通信量を圧迫してしまいます。

緊急時に使うくらいに考えておいた方が良いでしょう。

ソフトバンクで分割支払中の機種代金が残ってる人も安心

「トクするサポート+」などを利用してスマホを分割支払いで購入している人も多いはず。

ソフトバクからLINEMOへ乗り換えの場合は、分割支払いを引き継いで購入可能なので、支払いが残っている人もノーリスクで乗り換え可能です。(機種代はソフトバンクで引き続き支払いを継続)

いっちー
いっちー

ボクも数ヶ月前にソフトバンクでiPhone12を分割支払いで購入しましたが、何の問題も無く乗り換えできました

Sponsored Link

ソフトバクからLINEMO(ラインモ)に乗り換えるデメリット

ソフトバンクからLINEMOに乗り換える時に注意するポイントをまとめました。

キャリアメールが利用できなくなる

「〇〇@softbank.ne.jp」「〇〇@i.softbank.jp」などといったキャリアメールが利用できなくなります。

今までキャリアメールを主に使っていた人は、事前にGmailなどのアドレスを取得し移行させましょう。

Yahoo!プレミアム会員の特典が使えなくなる

ソフトバンクユーザーは全員Yahoo!プレミアム会員の特典を無料で利用出来ています。(通常は月額508円)

Yahoo!ショッピングでポイントが多く貰えたり、知らないうちに恩恵を受けているという人も多いです。

こちらの特典が利用出来なくなってしまうので、注意しましょう。

サポートがオンラインのみ

LINEMOは手続きはもちろん、契約後のサポートもすべてオンライン対応のみになっています。

ソフトバンクの窓口に行っても何もサポートを受けられなくなりますので、よく相談に行く人やオンライン対応のみは不安だと言う人には向いていないでしょう。

Sponsored Link

【事前に確認】eSIMで申し込む場合の注意点

eSIM対応機種一覧

eSIMを利用しての乗り換え手続きはすべての機種で行えるわけではありません。

対応機種は限られているので、必ず事前に確認して臨みましょう。

eSIM対応機種一覧
  • iPhone Xs(2018年発売)以降のiPhone
  • Pixel 5シリーズ
  • Pixel 4aシリーズ
  • OPPO A73
  • SHARP AQUOS sense4 lite
  • HUAWEI P40 Pro 5G

Wi-Fi環境が必須

手続き時は今利用中のキャリア回線が利用できなくなりますので、ネット接続が出来ません。

Wi-Fiに接続した状態で手続きを始めてください。

のりかえ予定のスマホ以外のデバイスがあると便利

手続きの際はPCやiPadなどのタブレットなど他のデバイスを準備していると、よりスムーズに手続きが可能です。

無くても手続きは行えるので、可能であれば準備しましょう。

少しでも不安を感じたら物理SIMでのりかえの方が良い

eSIMでの乗り換えは手軽とは言え、ネットの事が苦手だと感じる人には難しいと感じるかもしれません。

少しでも不安を感じるようでしたら、到着まで2〜3日後が物理SIMのでの乗り換えをおすすめします。

【eSIMで申し込み】ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換える手順

それでは本題。

ソフトバンクからLINEMOへの変更手続きを実際のスマホ画面を観ながら解説していきます。

端末のSIMロックを解除する

「My Softbank」でSIMロック解除のページにアクセスします。

上部にある「やりたいことを探す」に「SIMロック」と入力して検索するのが一番簡単です。

IMEI番号の入力をします。

ちなみにIMEI番号はiPhoneの「設定」アプリ→「一般」→「情報」の順で確認できます。

入力したら「次へ」→「解除手続きする」をタップすればSIMロック解除完了です。

めっちゃ簡単です!

LINEMO公式ページへアクセス

つづいてLINEMOの公式ページへアクセスし「今すぐ申し込む」をタップし手続きを進めていきます。

手続き方法を選ぶ(新規の契約orのりかえ)

「LINEMOのお申し込みの前に」というページになります。

今回はソフトバンクからの乗り換えなので「今の電話番号をそのまま使用する」にチェックを入れます。

利用中のキャリアを選ぶ

こちらも今回は「ソフトバンク」にチェックを入れてください。

利用するSIMを選ぶ

物理SIMとeSIMのどちらで手続きするかを選びます。

下の方に小さく書いてある「eSIMを選択する」をタップしてください。

こんな感じでeSIM(上級者向け)とか、時間がかかるとか不安を煽ってきますが、きちんと手続きできますので安心してください。

開始当初はトラブルが多かったらしいです

My SoftBankで個人情報の確認をする

入力後に一番下までスクロールすると「My Softbankにログインする」ボタンがありますのでタップしてログインします。

↑のような画面になるので、SMS(ショートメール)に送られてくるセキュリティ番号を入力しましょう。

確認画面が表示されるので、問題が無ければ「サービス選択画面に進む」をタップします。

LINEMOのプランを選ぶ

プランやオプションを選びます。

プランは2,728円のプランひとつだけなので、通話オプションをつけるかどうかの選択になります。

通話もそこそこする人は「通話準定額」または「通話定額」オプションをおすすめします。

契約者情報の入力

メールアドレスと電話番号を入力します。

電話番号は必ずキャリアメール(@softbank.noe.jp)以外を入力してください。

持っていない方はGmailなどのフリーアドレスを取得しましょう。

電話番号は今使っているソフトバンクの電話番号で大丈夫です。

支払い方法の入力

いまのところ、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

銀行引き落としなどは出来ません。

入力した情報などの最終確認

選んだ内容の最終確認画面です。

間違いが無いか確認しましょう。

その他の重要事項などの確認があるので、必要に応じて確認しチェックをいれてください。

これで申し込みが完了です。

先程、入力したメールアドレスに「お申込み完了のお知らせ」が届きますが、念の為この画面もスクショしておきましょう。

ここまでくれば80%終わりです

あともう少し!

「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届く

申し込み完了から1時間以内で「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」が届きます。

こちらに記載のURLからeSIMプロファイルのダウンロードを行います。

このURLへのアクセスはWi-Fi環境を利用し、LINEMOを利用する端末以外のスマホやタブレット、PCなどから行いましょう

画面の案内に従いeSIMプロファイルをダウンロードする

メールに記載のURLにアクセスすると「eSIM利用開始のお手続き」ページに飛びます。

ページ下部にあるチェック欄にチェックを入れます。

申込時に入力した電話番号を入力すると、ワンタイムパスワードが届くので、入力し先へ進みます。

自動音声通話での取得も可能です。

使っている機種がiPhone・iPadかAndroidかを選択します。

QRコードが表示されるので、こちらのコードは必ずLINEMOを利用する端末をWi-Fiに接続したうえで読み込んでください。

このQRコードをLINEMOを利用したい端末で読み取らなければいけないのが、他の端末が必要な理由です

場合によってはネットワーク暗証番号の入力を求められます。

QRコードよ読み取ると↑のような画面になります。

あとは画面の支持に従って「モバイル通信プラン」を追加していきます。

回線の選択画面が出てきますが、eSIM手続きの場合ソフトバンクのSIMカードが入ったままなので、すべて副回線を選びましょう。

先程の「eSIM利用開始のお手続き」ページ内の「次へ進む」→「プロファイルをダウンロードした」の順で進みます。

すると「回線を切り替える」ボタンが出てくるので、ボタンを押しましょう。

あともう少しで完了です

ソフトバンクのAPNを削除する

LINEMOのAPN構成プロファイルをダウンロードする前にソフトバンクのプロファイルを削除しないといけません。

「設定アプリ」→「一般」→「プロファイル」→「Softbank APN」の順で進んでいき「ダウンロード済みプロファイルを削除」をタップしてプロファイルを削除します。

すでにSoftbank APNがすでに削除されている場合もあります。

その場合は上記の手順で確認し、何も無ければ。すでに削除済みなので、このまま進めていって大丈夫です。

LINEMOのAPN構成プロファイルをダウンロードする

LINEMOの「iPhone・iPadのAPN設定ページ」にアクセスします。

少し下にスクロールして「APN構成プロファイルをダウンロードする」を押します。

確認画面がでてきますので「許可」を押して、ダウンロードします。

iPhoneの「設定アプリ」を開くと「プロファイルがダウンロード済み」と表示されているので、そこをタップ。

右上のインストールをタップします。

インストール完了後、端末を再起動して設定完了です。

おつかれさまでした!

まとめ:ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)への乗り換えはeSIMがおすすめ

今回はeSIMでのソフトバンクからLINEMOへの乗り換え方法について解説しました。

慣れない人は少し難しいと思うかもしれません。

だけど、物理SIMを待たずにその日のうちに手続きが完了してしまう手軽さは快適です。

今後は他のキャリアでもeSIMを利用する乗り換えが当たり前になってくるでしょう。

覚えておいて損はありません。

いっちー
いっちー

この記事を観ながらやってみてもらえると嬉しいです!

コメント