【これを選べば大丈夫】初心者にもおすすめのコーヒードリッパー5選

コーヒー
この記事はこんな人におすすめ
  • 初心者でも使いやすいおすすめのコーヒードリッパーを探している人
  • ドリッパーの種類や素材による違いを知りたい人
いっちー
いっちー

毎朝自宅でコーヒーをドリップしているボクが,、初心者にも扱いやすいおすすめドリッパーを紹介します

Sponsored Link

コーヒードリッパーを選ぶ時のポイント

見た目が好きなものを選ぼう

いっちー
いっちー

結論、使って一番テンションが上がるものを選べば良し!

ドリッパーにはいろんなデザインや、形状、素材のものがあります。

それぞれ、機能面の特徴もありますが…

まずは、あまり気にせずに「なんか好き」を大切に選んでみてください。

毎回使うものだからこそ、使う度に気分が上がるものをおすすめします!

初心者は1〜2人用の方が淹れやすい

コーヒードリップの基本は湯を中心に注ぐことです。

ドリッパーはサイズが大きいほど、お湯を中心に注ぎ辛くなります。

来客用に大きめのサイズを持っておくのは良いと思いますが、普段自分が使う分には1〜2人用の小さめサイズを使うようにしましょう。

Sponsored Link

コーヒードリッパーの選び方

形状

ドリッパーは大きく分けて「円錐型」と「台形型」があります。

この2種類の違いについて、分かりやすく説明します。

いっちー
いっちー

どちらが”優れている”ということでもないので、あまり気にしすぎないのが大事です

円錐型

出典:https://www.amazon.co.jp

お湯の注ぎ方が反映されやすいのが特徴です。

素早く注げばスッキリとした味わい、ゆっくりと注げばコクのある味わいと台形型に比べて味の変化が出やすいと言われています。

ハリオやコーノのドリッパーが有名です。

台形型

出典:https://www.amazon.co.jp

台形型には主に1つ穴のタイプと3つ穴のタイプがありますが、どちらにせよ円錐形に比べてゆっくりとお湯が通っていくので、円錐型よりもしっかりとした味わいになるのが特徴です。

より初心者向けと言えるでしょう。

カリタやメリタのドリッパーが有名です。

穴の数

ドリッパーの穴の数はコーヒーの抽出速度に影響します。

穴の数が多いほど抽出速度が早くなり、すっきりとした味わいのコーヒーを淹れることができます。

3つ穴タイプ

3つ穴タイプは1つ穴タイプに比べて、お湯が早めに落ちるのですっきりとした味わいのコーヒーに仕上がります。

1つ穴タイプ(台形型)

出典:https://www.amazon.co.jp

1つ穴タイプは時間をかけて、じっくりとコーヒーを抽出します。

その為、濃いめの味わいのコーヒーに仕上がります。

1つ穴タイプ(円錐型)

1つ穴のドリッパーでも円錐型の場合は、穴の大きさが大きめのものが多いです。

その為、お湯の注ぎ方にで抽出時間に差が出やすくなっています。

勢いよく注げば抽出時間が短くスッキリした味わいに、ゆっくりと注げば抽出時間が長くなりしっかりとした味わいとなります。

素材

ドリッパーの素材は、主に価格や保温性の部分に影響してきます。

プラスチック製

出典:https://www.amazon.co.jp

安価なものが多く、気軽に購入できるものが多いです。

デメリットとしては、他の素材に比べて保温性が低くドリップ中にコーヒーが冷めやすい点や経年劣化によりヒビが入りやすい点が挙げられます。

いっちー
いっちー

数百円で購入できるものがほとんどなので、新しいドリッパーにチャレンジするときはプラスチック製から試してみましょう

ガラス製

洗練されたおしゃれなデザインのものが多いです。

プラスチック性に比べて保温性にも優れています。

経年劣化には強いですが、落としたりすると割れてしまう可能性があります。

価格も数千円程度するものが多いので、取り扱いに気をつけて使用しましょう。

いっちー
いっちー

ボクはガラス製のドリッパーが好きで、一番よく使っています

陶磁器製

出典:https://www.amazon.co.jp

コーヒードリッパーと言えば陶磁器製を思い浮かべる人も多いくらい、スタンダードな素材です。

特徴としてはガラスドリッパーに近く、保温性に優れています。

価格帯は1,000円前後から購入できるものも多いです。

いっちー
いっちー

ドリッパーとしてスタンダードな素材なので、初心者にもおすすめです

金属製(ステンレス・銅など)

出典:https://www.amazon.co.jp

熱伝導性がとても高くコーヒーが冷めにくいのが特徴です。

他素材のドリッパーとは一風変わった見た目で、おしゃれな印象を受けるものが多いです。

耐久性も高く、落としても割れたりする心配はほとんどありません。

いっちー
いっちー

長く愛用できる一品が欲しい人におすすめです

ペーパーレスタイプ

出典:https://www.amazon.co.jp

ペーパーフィルターを使わず、ドリッパー自体に開いた微細な穴を通してコーヒーを抽出します。

ステンレス性やセラミック製のものが多く、ペーパーフィルターは使わずに洗って繰り返し使います。

微粉が混じったり、コーヒーの油分がダイレクトに抽出されるので、ペーパードリップに比べて大味なコーヒーが楽しめます。

その特性上、お手入れが少し面倒くさいのが難点。

いっちー
いっちー

ひとつ持っておくと面白いドリッパーです

▼おすすめコーヒーグッズはこちら

Sponsored Link

初心者にもおすすめのドリッパー5選

いっちー
いっちー

それではボクの愛用品も含め、おすすめのドリッパーを紹介します!

HARIO(ハリオ) V60 オリーブウッド

ガラスと木材を使った異素材の組み合わせがとてもおしゃれです。

1つ穴の円錐タイプでドリップの自由度も高く、慣れれば自分好みのコーヒーを淹れやすいのも特徴です。

どちらかと言えばスッキリとしたコーヒーを淹れるのに適しているかと思います。

素材はガラス性で、保温性もとても優れています。

カリタ ウェーブドリッパー

円錐型、台形型のどちらとも違うオリジナリティある形状をしています。

本体にリブがなく、ウェーブフィルターという専用のペーパーを使うのが特徴です。

味にムラが出にくく、3つ穴構造なのでスッキリとしたコーヒーを淹れるのに適しています。

ボクが使っているガラス性で保温性にも優れています。

コーノ 名門ドリッパー

出典:https://www.amazon.co.jp

1つ穴構造の円錐形でハリオのV60に近い形状です。

コーノの名門ドリッパーの方が穴の大きさが小さくリブも短いので、ハリオのV60よりも、よりゆっくりとコーヒーが抽出されます。

コクのある、しっかりとした味わいのコーヒーを淹れるのに適していると言えるでしょう。

珈琲サイフォン
¥935 (2021/05/18 22:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ORIGAMI オリガミドリッパー

出典:https://origami-kai.com/collections/dripper

ギザギザとしたデザインが特徴のドリッパーです。

基本的には円錐型の1つ穴タイプなので、抽出速度も調整しやすく、扱いやすいドリッパーです。

フィルターは円錐型のものと、カリタのウェーブフィルターも利用でき、汎用性が高いのが嬉しいですね。

素材は陶磁器製なので保温性も抜群です。

KINTO(キントー) ブリュワースタンドセット

出典:https://kinto-japan.myshopify.com/collections/coffeeware

ステンレス製のペーパーレスフィルター、ドリップスタンド、コーヒーサーバーがセットになったセットです。

これから始める初心者の人も、これだけで一気におしゃれなコーヒーライフが近づくアイテム。

価格は少し高めですが、とにかく見た目重視という人におすすめです。

KINTO(キントー)
¥16,500 (2021/05/18 22:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

まとめ:お気に入りのドリッパーで淹れるコーヒーは美味い

今回は、おすすめのコーヒードリッパーについて紹介しました。

各メーカーいろんな特徴を持ったドリッパーを出していますので、今回紹介したものも参考にしつつ、お気に入りの一品を探してみてくださいね。

迷ったときは「なんか好き」を大事にして選んでみてください。

きっと、お気に入りの一品が見つかるはずです。

コメント