【どっちがおすすめ?】紙の本と電子書籍は使い分けが大事

役立つコト
この記事はこんな人に向けて書いています
  • 電子書籍と紙の本のどっちが自分に向いているか知りたい人
  • 電子書籍のメリット・デメリットを知りたい人
  • 紙の本のメリット・デメリット知りたい人
いっちー
いっちー

電子書籍と紙の本、どっちが自分に向いているか知りたい人も多いはず。

実際に電子書籍と紙の本、両方で読書しているボクが、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます

結論としては、どっちかひとつに偏るのでは無く、上手に使い分けるのがベストです。

この記事を読んで、みなさんの判断材料の参考になれば嬉しいです。

Sponsored Link

電子書籍のメリット

何冊も持ち運べて、いつでも読める

電子書籍の1番のメリットは、かさばらないことです。

Kindleなどの電子書籍端末や普段持ち歩いているスマホさえあれば、いつ、どこにいても読みたい時に本を読むことができます。

いっちー
いっちー

本棚がいらなくなるので、部屋も広くなるよ

紙の本よりも安い

ほとんどの場合、紙の本よりも電子書籍の方が200円程度安く購入することが出来ます。

印刷代や輸送費などがかからない分、少しだけお得ですね。

単語などの牽引性が高い

「あの内容についての説明どのページだっけ?」

と言ったような検索をしたい場合、検索機能を使って単語などを入力すれば一発で探しているページへ移動することが出来ます。

しおり機能などを使って読み返したいページを登録しておけば、すぐに読み返すことも出来ます。

買いたい時にすぐ買える

誰かからおすすめされたり、テレビや雑誌で紹介されたりして興味をもった本をすぐにダウンロードして読むことが出来ます。

「次の日にでも本屋に行って買えばいいじゃん」

と思う人もいるかもしれません。

ですが、人は興味を持った瞬間が1番気分もノッていて、頭にも入りやすいものです。

時間が経つと熱も冷め「やっぱいいや」となってしまった経験ありませんか?

せっかく興味を持ったのに勿体ないですよね。

なので、読みたいと思った時にすぐ読めるというのは、ものすごいメリットなんです。

いっちー
いっちー

”鉄は熱いうちに打て“ですよ!

電子書籍で本を読むならKindleunlimitedというサービスがおすすめです。

本、漫画、雑誌が読み放題で月額980円。

Kindle端末はもちろん。タブレット、スマホでも読書を楽しまます。

今なら30日間の無料体験もついています。

いろんな端末で読みたい本を共有できる

例えばKindleであれば、Kindle端末やiPad(タブレット)、iPhone(スマホ)などで本を共有して読むことが可能です。

読み進めているページも共有できるので、状況や場所に応じて好きなデバイスで読書を楽しめます。

Sponsored Link

電子書籍のデメリット

本を売ることが出来ない

電子書籍はデータをダウンロードして読むため実体がありません。

その為、古本屋やメルカリで売ったりはできません。

本は読み終わったら売るという人には電子書籍は向いていません。

電子書籍可されていない本もある

本によっては電子書籍化されていない本もあります。

自分の読みたい本が電子書籍でも読めるのか、よく確認した方が良いでしょう。

最近は、電子書籍でしか販売されていない本も増えてきているので、一概にどっちが良いとは言い切れなくなってきています。

端末によっては目に悪い

スマホやタブレットといったデバイスだとブルーライトの光があまり目によくありません。

特に寝る前に読書をする人には、目が冴えてしまう事があるのでオススメできません。

Kindle Paperwhiteなど、ブルーライトを発しないデバイスもあるので、そういったものを利用すれば、このデメリットは解消できます。

Amazon
¥17,980 (2021/05/03 00:18時点 | Amazon調べ)

▼Kindleを売りたくなったら

Sponsored Link

紙の本のメリット

絵や図が多い本は紙の方が読みやすい

絵や図などを多用している本や、見開きページが多い本は紙の本の方が視認性が高く読みやすいです。

グラフ等を見返したりする為に、ページ間を行ったり来たりするのも紙の本の方がずっと手軽です。

売ったり、人とシェア出来たりする

紙の本は不要になれば売ったり、人に貸したり出来ます。

「この本面白かったから、貸すよ!」

といった感じで、本をきっかけに人との会話が生まれる機会ってありませんか?

そういったコミュニケーションツールとして、紙の本はとっても優秀だと思います。

メモ書きなどが手軽に出来る

読んでる途中で、メモをしたりマーカーを引いたり出来るのも紙の本の良いところです。

電子書籍でも出来ない訳ではありませんが、紙の本の方がずっと手軽に行うことができます。

”自分の本”になっていく感じが、とっても楽しいですよね。

直感的な牽引性は紙の本の方が高い

「あの事が書いてあるページってこの辺だよな」

と直感的にページを開いて読み返すことってありませんか?

ボクの経験上は電子書籍と紙の本だと、圧倒的に紙の本の方が探しているページを見つけるスピードが早いと感じています。

いっちー
いっちー

人の感覚って凄いよね

紙の本のデメリット

保管に場所を取る

紙の本の最大のデメリットは場所を取る事、そして持ち運びが不便だという点です。

本が増えれば、本棚を買って自宅にそれなりのスペースを確保しなければなりません。

もしかしたら、本棚のスペースを確保する為に本来より少し広い部屋に住まなければならなくなってしまう事もあるかもしれません。

いっちー
いっちー

本の保管スペース確保の為に広い部屋に住んで家賃が上がるって、ちょっと勿体無いですよね

持ち運びが大変

紙の本を持ち運ぶのって、新書でもせいぜい2〜3冊じゃないですか?

ハードカバーの本とかになると、1冊でも結構かさばりるし重いです。

電子書籍だと、スマホ1台あれば、どこにでも本を持っていけます。

買いたいと思った時にすぐ手に入らない場合もある

人気の本は売り切れてしまって、すぐに購入出来ないこともあります。

新刊だと、地方によっては発売日から数日遅れでしか入荷しない事も多々あります。

まとめ:電子書籍と紙の本は上手に使い分けよう

今回は電子書籍と紙の本、どちらがおすすめかについての記事でした。

ボクの結論としては、本の種類によって使い分けるのがベストという事です。

みなさんも電子書籍と紙の本を上手に使い分けて読書を楽しみましょう!

こんな本は電子書籍がおすすめ

  • 漫画
  • 小説
  • ビジネス書
いっちー
いっちー

文字だけの情報が多めの本は電子書籍が最強!

✔音声で”聴く読書”もおすすめです。

こんな本は紙の本がおすすめ

  • 雑誌
  • 参考書
  • 専門書
  • 絵本
  • 写真集
いっちー
いっちー

絵図や写真など文字以外の情報が多めの本は紙の本が読みやすいです!

コメント